レンタルのメリット

コピー機をレンタルすることのメリットとは、どの様な事柄があるのでしょうか。

コピー機コピー機を借りると考えた時、一般的によく聞くのはリースではないでしょうか?しかし、コピー機はレンタルも行っている会社もあります。なんと言っても大きな違いとなる事はその契約できるのが、個人でも大丈夫だという点です。リースになると長期の契約となるため審査があり、それに通過しないとコピー機をリースしたくても借りることは出来ません。ところが、レンタルになるとその審査がないため、個人でも簡単に、地域によっては翌日から借受けることが出来るのです

また、レンタルであれば何年という契約期間がないため必要な時だけコピー機を借りればよいので安く済むのではないかとお考えでしょうが、その期間が長くなってしまうのであれば、リースの方が安くなってしまう事もあるため、どのくらいの期間使用したいのかをはっきりと決めておく必要があります。更にリースであればリース会社が代理で購入したコピー機に対し契約期間でそれに対するリース料を支払います。そのため新機種の中から選ぶことが出来ますが、レンタルであれば中古のものが多く最新機種というわけにはいかず、なおかつ機種を選べないことまであります。その点を理解し、コピーができれば問題ないとお考えであればコピー機のレンタルはとても有効な手段となります。

レンタルとリースとは

会社や会社など仕事をする際にはなくてはならないOA機器であるコピー機を用意しようと考えた時、その用意の仕方は大きく分けて3つあります。

それは「買取り」として、本体そのものを資産として購入する方法です。そして、「リース」または「レンタル」として一時的に借受け使用する方法になります。レンタルもリースもどちらもコピー機を借りるのであって大差がないのではないかとお考えの方もいることでしょう。しかし、コピー機を借りるのであってもその契約から変わってきます。

コピー機そもそも、企業などでコピー機などの高額の機械を購入した場合、償却資産税として課税対象になる事があります。それに加えコピー機など、性能が日進月歩で変わりコストにまでかかわってくるものであれば、リースやレンタルを選択することも節税対策として1つの手となります。リースの場合、期間の縛りはありますが最新機種を月々手ごろな価格で導入できますが、現金一括購入より最終的に高くなってしまうデメリットがある反面、リース期間を長期にしすぎないことで、最先端のコピー機を使える環境を作り出すことが出来ます。レンタルの場合は、短期間だけ利用したい場合におすすめな借り方となります。期間限定の事務所などでリースをしてしまうと、解約時には違約金が発生してしまいますが、そのデメリットを取り除いたコピー機の借り方になります。

レンタルでは強制的な契約期間がなく、簡単に借りることが出来ますが、長期になるのでしたらリースの方が割安になる事もあるため注意が必要です。借りたい期間を考えコピー機を導入することで、お得にコピー機を使用することが出来ます。

コピー機のレンタル

コピー機を借りたいと考えるのはどのような時でしょうか。起業した時、期間限定の事務所を開設した時、イベントで印刷に出すほどではないけど印刷したい時と、様々なシーンで今や無くてはならないものになっているコピー機ですが、そのものを購入してしまうというのも高額になるため個人ではなかなか手が出なかったり、企業であっても減価償却費の課税対象となってしまうため躊躇してしまいます。しかし、そのような時にレンタルやリースで借りることで使いたいときに使用できる環境を整えることは可能になります。

費用しかし、コピー機をリースしてしまっても3~5年単位で借りる予定がない場合は、違約金が発生してしまう事もあったり、リースであれば審査がある関係上ある程度事前に準備期間を用意しておかないと必要な時にまだコピー機が入ってない等ということもあり得ます。ところがコピー機をレンタルするのであれば、審査がないため早ければ翌日から使用することが可能ですが、リースであれば無料である搬入搬出費がかかることがあります。

単発的にかかる費用で見れば、レンタルの方が高く感じてしまいますが、会社や法人で使用するのであれば、税金を気にせず借りることはもちろんの事、販売管理費の中でリース料として費用に計上することが出来ます。そのため、必要な時に必要なだけ利用したい場合においては、レンタルに勝るものはありません。

このようにコピー機を用意する方法には、いろいろあります。こちらではその中でもコピー機のレンタルについて紹介します。コピー機をお考え中の方のお役に立てれば幸いです。