レンタルとリースとは

会社や会社など仕事をする際にはなくてはならないOA機器であるコピー機を用意しようと考えた時、その用意の仕方は大きく分けて3つあります。

それは「買取り」として、本体そのものを資産として購入する方法です。そして、「リース」または「レンタル」として一時的に借受け使用する方法になります。レンタルもリースもどちらもコピー機を借りるのであって大差がないのではないかとお考えの方もいることでしょう。しかし、コピー機を借りるのであってもその契約から変わってきます。

コピー機そもそも、企業などでコピー機などの高額の機械を購入した場合、償却資産税として課税対象になる事があります。それに加えコピー機など、性能が日進月歩で変わりコストにまでかかわってくるものであれば、リースやレンタルを選択することも節税対策として1つの手となります。リースの場合、期間の縛りはありますが最新機種を月々手ごろな価格で導入できますが、現金一括購入より最終的に高くなってしまうデメリットがある反面、リース期間を長期にしすぎないことで、最先端のコピー機を使える環境を作り出すことが出来ます。レンタルの場合は、短期間だけ利用したい場合におすすめな借り方となります。期間限定の事務所などでリースをしてしまうと、解約時には違約金が発生してしまいますが、そのデメリットを取り除いたコピー機の借り方になります。

レンタルでは強制的な契約期間がなく、簡単に借りることが出来ますが、長期になるのでしたらリースの方が割安になる事もあるため注意が必要です。借りたい期間を考えコピー機を導入することで、お得にコピー機を使用することが出来ます。